Webデザイナー

Design Growth Academyは稼げない?UXが強みの松本ダイキさんとは?

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
ロックンロールブロガーの弦六(げんろく)です ^ ^

「Webデザイナーになりたい」

オシャレでかっこいいWebサイトを作って報酬を得る、Webデザイナーに興味がある人は多いと思います。

今回紹介するDesign Growth Academy(デザイングロスアカデミー)は、普通のWebデザイナースクールとは一味違う「UXスキルを持つWebデザイナー」になって稼げるようになれるそうです。

学長の松本ダイキさん自身も「UX」を知ったおかげで稼げるWebデザイナーになったとか。

でもいきなり「UX」と言われてもピンと来ない人もいますよね、私もです。

そこで、松本ダイキさんが強みとするUXについてや、Design Growth Academyは稼げるのかなど、深掘りしていきます。

Design Growth Academyの運営会社samplingについて

ここではDesign Growth Academy(デザイングロスアカデミー)を運営する株式会社sampling(サンプリング)について紹介しますね。

提供事業者 株式会社sampling
代表者 松本大輝
所在地 [本社] 東京都港区麻布台1-8-10 1F
お問い合わせ info@webdesigner-next.com

sampling(サンプリング)は、Web中心のデザインコンサルティング会社で、オフィスは東京タワーが見える港区のオシャレなビルの1階。

Web制作だけに留まらず、デザインの潜在能力を最大限に活かし、売上や集客などクライアントの目標達成のためのマーケティング戦略の立案も行うのが特徴で、3つの事業を展開しています。

事業①デザイン制作

ホームページ、LP(ランディングページ)、ECサイトなどWeb関連が8割を占め、他にもロゴやバナー、名刺などグラフィック制作も行っています。

中小企業・行政・医療法人など様々な業種のWeb制作を行い、実績がこちら。

事業②Webマーケティングコンサルティング

Webマーケティング戦略を企画し、クライアントの課題解決をサポート

メルマガやLINE公式アカウントを利用したリストマーケティングが得意で、結果を導くマーケティングフローの設計、情報発信をした実績がこちら。

【事例ごとの顧客単価、購入者数(成約率)、売上】

①「オンラインスクール販売」
単価55万円➝735人(5%)→4億425万円
②「Eラーニングコンテンツ販売」
単価30万円➝105人(4%)→3,150万円
③「WEBマーケティング」
単価34万円➝5,541人(13%)→20億5,254万円

高額な商品をめちゃくちゃたくさん売ってすごいですね。

事業③デザインスクール

この記事で紹介するデザイン教育スクール「Design Growth Academy(デザイングロスアカデミー)」のことです。

Design Growth Academyの松本ダイキさんはどんな人?

ここでは株式会社samplingの代表であり、Design Growth Academyの学長も務める松本ダイキ(松本大輝)さんについて紹介します。

松本ダイキさんは愛媛県出身、1994年生まれだそうなので年齢は現在27歳か28歳ですね。

高校までは地元の学校に通い、大学は関西の難関校である大阪大学の外国語学部に進学したのでかなり頭いいです。

①大学を休学してデザインを学ぶ

ところが実はあまり関心がないスワヒリ語を専攻してしまったため、就活の時期になって「学びが足りない…。そうだデザインをやってみよう」と、大学を休学して社会人向けのグラフィックデザインの専門学校に通ったそう。

しかし1年のカリキュラムを半年でやめてしまいます。

②借金300万円がきっかけで起業を目指す

なんと300万円もの借金を作ってしまい、ジュースも買えない貧乏生活で、とにかくお金を稼がなければいけなくなり、サラリーマンではなく起業の道を志すことに。

そんななか東京のマーケティング会社に運よく拾ってもらい、原付で東京まで行ってフリーランスとして働き出したそう。

最初はバナーや簡単なLP制作から始めて独学でWebデザインを研究しながら、Webマーケティングを支援する会社だったのでUXと運命の出会いを果たします。

※UXについては後述しますね。

③UXとの出会いで全てが変わった

UXと出会い、ユーザーをどうすれば動かせるか学び、Webの可能性に目覚めた松本ダイキさんは、東京に来て1年後にはクライアントの売上を1か月で3000万円、その後も3億円、20億円と上げていきました。

きっとこの頃には借金300万円は返済できていたでしょうね。

こうしてWebデザインの可能性を確信し、2018年6月、23歳で株式会社samplingに法人化すると、いきなり初年度で6000万円の売上を達成。

2020年にはデザイン教育スクール「Design Growth Academy(デザイングロスアカデミー)」を開講し、現在に至ります。

ちなみに松本ダイキさんは趣味でDJをやっていて、歌える吉本芸人とコラボしたり、ニューヨークでプレイしたり、大学時代の借金貧乏生活からは考えられない充実した日々を送っているようです。

Design Growth Academyの強み「UX」とは?

Design Growth Academyの学長である松本ダイキさんは、フリーランス時代にUXと出会ったことでクライアントの売上を爆上げできました。

そんな松本ダイキさんの強みであるUXについて説明します。

UXとは

UXとは、 user experience(ユーザー・エクスペリエンス)の略で、ユーザー体験を表しますが、WebデザインのUXとは「ユーザーを行動させる力」を意味します

ユーザーの心理を理解し、臨んだ行動パターンを喚起させることが重要なポイントで、具体的にはボタンをクリック、申し込みフォーム送信など、クライアントが意図している動きを導く。

そのためUXが結果に直結すると考える企業が増えています。

例えば採用目的のサイトなら、多くの人を採用できるWebデザイン。

ECサイトに表示される「まとめ買い」「よく一緒に購入されてる商品」「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」などもUXテクニックの1つで、ユーザーのアクション障害をなくしたり、購入意欲を促します。

UXを向上させるには、人間心理、無意識を動かすテクニックがヒントになるそうです。

例えば見た目の第一印象で判断する「メラビアンの法則」、赤ちゃんの笑顔で安心感を抱く「ベビーフェイス効果」、色や形の差が大きいほど認識する「コントラスト効果」、短期記憶できる数「マジックナンバー4±1」などがあります。

UXスキルのあるWebデザイナーが少ない


引用元:https://hrnote.jp/contents/b-contents-saiyo-designersaiyou-190403/

上の図のように2012年と2017年を比べてデザイナーの採用割合は増えています。

2018年には経済産業省が「デザイン経営/デザイン思考」を掲げてUXの重要性を訴えており、実践した企業は売上がアップ。

以前はWebデザイナーに求められるスキルはビジュアル制作のみでしたが、近年はビジネスを向上させるUXスキルを持ったWebデザイナーが求められるように変化。

ところが企業の需要に対して、UXスキルのあるWebデザイナーが少ないのが現状。

収入も、日本ではUXとビジュアルは分断してるのでWebデザイナーの平均年収は400万円ですが、アメリカではそれが一体化してるので平均年収850万円と高収入なんです。

つまり日本で「UXスキルのあるWebデザイナー」になれば、供給不足の今は特に高収入を稼げるチャンスということですね。

UXを自力で学ぶのは無理に等しい

しかし自力で「UXスキルのあるWebデザイナー」になろうとすると、UXを学ぶ前にデザイン理論、ソフト、コーディングスキルなど学ばなければいけないことが多すぎて挫折してしまう。

UXを取り入れてるスクールはあるが、本格的ではなく、理論ばかりで実際に現場で使えるものではない。

松本ダイキさんが「UXスキルのあるWebデザイナー」になれた理由は、ユーザーの生のデータがある現場で経験を積みながら時間かけて学んだから。

Design Growth Academyにはその経験が活かされているようです。

Design Growth Academyのカリキュラムについて

ここでは、Design Growth Academyのカリキュラムについて紹介します。

期間は6カ月で、前半は基礎学習、後半は実践という5ステップカリキュラム。

早ければ前半が終わった最短3ヶ月で、UXのスキルを持つ次世代Webデザイナーとしてデビューできるそうです。

カリキュラム前半

基礎学習の前半3か月は専用メンバーサイトで毎日、講義動画が配信され、学びと実践を繰り返して実践的スキルを身に着けていきます。

ステップ①1か月目 デザイン基礎学習

・デザイン理論
・UIデザイン
・ソフト(Adobe XD、Illustrator、Photoshop)
↓↓↓
※初回制作課題「UIデザイン」を提出

1ヶ月目が終わると課題として「コーポレートサイトのUIデザイン」を講師のフィードバックを交えながら制作し、自分のポートフォリオに組み込む。

ステップ②2か月目 フロントエンド学習

・HTML、CSS、jQuery(Javascript)
・WEBインフラ(ドメイン、サーバーなど)
・CMS(Wordpress)

ステップ③3か月目 UX学習

・人間心理、顧客心理
・マーケティング理論
・デザイン思考(広義な問題解決の思考)
↓↓↓
※中間制作課題「コーディング/UX」を提出

3ヶ月目が終わると中間課題として、コーディングやUXスキルを使った「ランディングページのデザイン、開発」を講師のフィードバックを交えながら制作し、自分のポートフォリオに組み込みます。

カリキュラム後半~卒業後

4~5か月目のUX習得マーケティング講座は実践形式の講義で、実際の現場でUXのスキルを応用できることを目的とし、課題を通して現場で使える力を養います。

ステップ④4~5か月目 卒業制作準備

・UX習得マーケティング講座
・卒業課題「オリジナルサイトデザイン」制作
・ポートフォリオ準備(3~5個作って組み込む)

5か月目が終わると卒業課題として、学んだスキルと思考を総動員したオリジナルのWEBサイトを制作してポートフォリオに組み込み、仕事獲得へ繋げる。

ステップ⑤6か月目 卒業制作フィードバック

・卒業課題フィードバック
・ポートフォリオ完成(初の仕事獲得に向けて)
↓↓↓
※卒業してWebデザイナーデビュー。パートナーシップ・仕事獲得へ。

卒業後は自分で集客できるか不安ですよね。

まず経験を積んでポートフォリオを充実させるために、単価は低いですがランサーズやココナラなどのクラウドソーシングで数をこなしていきます。

Design Growth Academyでは自分を売り込む営業のやり方も教えてくれるそうなので卒業後に役立ちますね。

また、受講中に一定の水準をクリアした人は試験に合格すればDesign Growth Academyとパートナーシップを結び、案件やクライアントを紹介してくれるそうで心強いです。

6カ月でWebデザイナーになれる3つの理由

カリキュラムはわかりましたが、本当に6カ月でWebデザイナーになれるかどうかは気になるところです。

公式サイトやオンライン説明会にそのポイントがあったので紹介します。

①孤独にさせないマンツーマンサポート体制

学習習熟度・進捗をはかる課題を用意していて、講師がマンツーマンで各自の状況にあわせたフィードバックをしてくれるから、置いてけぼりを食らうことがありません。

しかも講師とフィードバックは今のところ学長の松本ダイキさん自ら担当し、期間中はオンラインで24時間受付・回数無制限というから安心ですね。

②必要なところだけぎゅっと濃縮

ほとんどの人はソフトの使い方を完璧に学んでから仕事しようとするため、完璧にできずに挫折するそうです。

だから必要最低限だけ学んで実践に進むという「急所だけを学ぶ」やり方で、詰め込みすぎないから、上達が早い人なら最短3か月でも仕事を獲得できるといいます。

③テンプレートで制作支援

最初はソフトの使い方を覚えるのに手いっぱいで、作りたいものをデザインできずに悩みがちなので、手を停めず制作に集中できるように、テンプレートが用意されています。

素早くビジュアル制作するためのUIテンプレート、まずは「型」を使って開発を効率化するコーディングテンプレート、UXの企画や改善に活かせるUX成功事例集テンプレートという万全の3種類。

Design Growth Academyの料金はいくら?

Design Growth Academyの料金はいくらかというと、税込547,800円(2022年6月現在)で、一括払いのみです。

高額ですが、現場で実践できるスキルに絞り、企業が求めるUXをがっつり学べるという強みを考えると、それだけの価値はありそうですね。

一括で払うので卒業までやりきる情熱と覚悟も必要だと思います。

Design Growth Academyは稼げない?

ここではDesign Growth Academyで学んだスキルで稼げないのか、稼げるのか、掘り下げていきます。

UXスキルを持つWebデザイナーが求められる時代

最近はコーディング不要でWebサイトが作れる便利なツールが増えたり、ブログや本、Youtubeなどでスキルを学べるため、誰でもデザインができる時代です。

そうなるとビジュアルデザインを作るだけなら、ライバルだらけになって低単価案件の取り合いになってしまう。

また、クライアントの指示通りに制作するだけのWebデザイナーと、クライアントの課題を解決してビジネスを向上させるWebデザイナーなら、これからの時代どちらが価値があるか明白です。

UXスキルを持つWebデザイナーならそれが可能だから、Design Growth Academyは稼げるということなんですね。

パートナーシップで集客をサポート

UXスキルを持つWebデザイナーが稼げるとっても、集客しないと仕事がないですよね。

受講中に一定の水準をクリアしていると判断された人は、試験に合格すればDesign Growth Academyとパートナーシップを結び、案件やクライアントを紹介してもらえるので集客も安心。

パートナーシップを結ばない場合は、クラウドソーシングで経験を積んでポートフォリオを充実させて、少しづつ単価アップしながら定期案件を増やすそうです。

他には、有料のビジネスマッチングサービスを利用して、より大きな案件を獲得する方法も。

収入のシミュレーション

公式サイトに収入のシミュレーションがあったので紹介します。

①在学中 平均5~8万円

カリキュラムをこなしながら実際に仕事をすると現場の経験が積めるのでオススメしているそう。

【収益例】
・画像バナー 3,000円〜1万円
・LP 5〜10万円
・コーポレートサイト 10〜30万円

研修段階のため通常より低単価ですが、勉強が収入になるのは嬉しいですね。

②卒業後半年〜1年 月収30~50万円

UXスキルを持つWebデザインは、ビジュアルだけのWebデザインより単価が高く、高収入を実現。

【収益例】
LP 15〜30万円
コーポレートサイト 40〜70万円

月収30~50万円あれば、十分食べていけますね。

事例として、元不動産営業の28歳女性は週4日働いて月収50~60万円、32歳の主婦は育児と家事をしながら単価15~30万円のLPを月2~3件制作して稼いでいるそうです。

卒業後1年〜 圧倒的な高単価

1年以上経験を積み重ね、現場で使えるUXスキルを身に着けた次世代型Webデザイナーの案件単価は、指数関数的に伸びていくそうです。

【収益例】
LP 30〜80万円
コーポレートサイト 100〜500万円
採用サイト 100〜500万円

独立して年商1000万円以上も十分に狙えるというから、夢がありますね。

Design Growth Academyの3つのメリット

ここでは、Design Growth Academyの3つのメリットについて紹介します。

①生きたUXノウハウを学べる

学長の松本ダイキさんは講師であると同時に、最前線で実績を出し続けているWebデザイナーなので、現場で役立つリアルなUXノウハウにアップデートされたカリキュラムから学ぶことができます。

理論だけのUXだと現場で柔軟な対応が出来ないため、生きたUXノウハウを学べることは最大のメリットでしょう。

稼げるWebデザイナーとして最強の武器になりそうですね。

②マンツーマン指導で初心者も安心

オンライン授業で多くの人の「あるある」として、いつでもどこでも受けられる反面、1人で学ぶのでわからないことを未解決のまま放置して挫折してしまうのが大きな壁。

Design Growth Academyでは「ついていけない」を徹底排除するため、講師がマンツーマン体制で家庭教師のようにそれぞれに合ったフィードバックを行います。

オンラインサポートは24時間、回数無制限だから初心者や未経験者も安心で、必要なところだけぎゅっと濃縮したカリキュラムで、最短距離で必要なスキルを身に付けて次世代型Webデザイナーへ。

③在学中も卒業後も稼ぎやすい環境

カリキュラムをこなしながら実際の仕事をして現場の経験を積むことをオススメしているため、在学中から稼ぐことができます。

さらに卒業後は、一定の基準をクリアした生徒はDesign Growth Academyとパートナー提携して案件を紹介してもらえるので、卒業後でも安定して仕事を獲得できるため、着実に経験を積んでいけるんです。

卒業したら終わりではなく、卒業後もフォロー体制が整っているのはメリットですね。

Design Growth Academyの3つのデメリット

ここでは、Design Growth Academyの3つのメリットについて紹介します。

①料金が高い

Design Growth Academyの料金は税込547,800円(2022年6月現在)で一括払いのみなので、用意するのが難しい人にはデメリットとなります。

パソコンやソフト(Adobe XD、Illustrator、Photoshop)を持っていない人は購入する必要があるので、そこも費用がかかってきますね。

だたし稼げるWebデザイナーになれば回収できる金額なので、考え方次第でもあります。

②卒業生の実績を公開していない

Design Growth Academyは卒業生がどんなWeb制作をしたのか、実績が公開されていないので、卒業生の実績を見て安心したい人にとってはデメリットとなります。

運営会社Samplingの実績はありますが、やはり生徒がどんなものを作ったかは興味あります。

ただしクライアントの了解も必要でしょうから簡単には公開できないのかも。

③誰でも受講できるわけではない

Design Growth Academyは、生徒の8~9割が初心者や未経験者で、年齢も学生から社会人まで10代~60代と幅広く、副業でやりたい人もいます。

しかし実は誰でも受講できるわけではありません。

今のところ松本ダイキさん1人で講師とフィードバックを行ってることもあり、サポートできる人数が決まっているからです。

また、UXに興味がない、デザイナーとして向上心がない、ミッションに共感できない、といった場合は断るといいます。

Design Growth Academyはどんな人におすすめ?

Design Growth Academyはどんな人におすすめできるのか、まとめてみます。

おすすめできる人

Design Growth Academyをおすすめできる人は、時代の変化に左右されず稼ぎ続けることができるWebデザイナーになりたい人です。

在宅で副業がしたい、会社に縛られず自由に働きたい、年収1000万円以上稼ぎたいという人にも向いています。

おすすめできない人

とにかくお金を稼げればいいという人にはおすすめできないです。

Webデザイナーとして稼ぐ続けるには、スクールで学んで終わりではなく常にアップデートし続けることが必要なので、お金だけが目的だと一時的にうまくいったとしても、その先は続かないかもしれません。

また、クライアントからのヒヤリングを始め、やりとりも発生するので、人を相手に仕事するのが苦だという人もあまりオススメできないですね。

まとめ

Design Growth Academyは稼げないのか?また、UXが強みの松本ダイキさんについて紹介しましたが、いかがでしてたでしょうか?

運営会社samplingは、デザイン制作とWebマーケティングコンサルで実績があります。

samplingの代表でDesign Growth Academyの学長でもある松本ダイキさんは、大学時代に抱えた借金を返すためにフリーランスのWebデザイナーになったことがきっかけで、UXと運命的な出会いを果たし素晴らしい成果をあげた人でした。

WebデザインのUXとは「ユーザーを行動させる力」を意味し、クライアントのビジネスを向上させることができるので需要がある一方、日本ではUXスキルを持たないWebデザイナーがほとんど。

Design Growth Academyのカリキュラムは、松本ダイキさんが今も現役で使ってる活きたUXノウハウをがっつり学べるから、稼げるWebデザイナーになれるとわかりました。

6か月のカリキュラムもムダを削ぎ落した内容のため、最短3か月で稼ぎ始めることが可能。

条件を満たせばパートナーシップを結ぶことができるので、卒業後の集客に対する不安を取り除いてくれます。

何より松本ダイキさん本人が講師としてフィードバックも行ってくれるので頼もしいですね。

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m

弦六のおすすめ商品一覧

弦六がオススメできると思った商品を、別の記事で一覧にしてあります。

副業選びで悩んでる方は、下記をクリックして覗いてみてください^ ^

弦六のおすすめ商品一覧はこちら

無料相談受け付け中です

  • 副業を始めたいけどどうすればいい?
  • 初心者でも平気?
  • どんなジャンルの副業がいいの?

などなど、なんでも相談してください!

あなたのお悩みに弦六が一生懸命答えます(^^♪

弦六に副業の相談をしてみる!

弦六の無料メルマガ「Money be Good」

2019年、金融庁の「老後の30年間で約2,000万円が不足する」という報告に、大きなショックと不安を覚えた人は多いと思います。

しかしこの「老後2000万円問題」に備えたくても、日本では30年間も給料が上がらない状態で、老後どころか明日が不安。

そのため、資産形成や副業の必要性が高まっていますね。

2018年に厚生労働省が副業を原則解禁にしていますが、今では副業というコトバ自体すっかりメジャーになっています。

しかし

「危機感はあるけど、何をすばれいいかわからない」

そんな悩みはありませんか?

弦六の無料メルマガでは、あなたが一歩踏み出せるような、副業や資産形成に関するお役立ち情報を発信していきます!

まずは登録だけでもしてみてください^^

「ちょっと自分には合わないな」と思ったら解除して大丈夫です。

弦六の無料メルマガ「Money be Good」の登録はこちら

「Money be Good(マネー・ビー・グッド)」は、個人で稼ぐ力を身に付けてお金事情を良くすることを目的としたメルマガです。

「個人で稼ぐ力」を身に付けるために必要な情報を、包み隠さず共有していきます。

なので、「これからは会社に依存せず自分の力で収入を得たい」と少しでも思っている方は、ぜひ登録しておいてください^ ^

弦六のメルマガを通して、好きな時間に、好きな場所で、好きなことができる、ホントの自由を、一緒に手に入れませんか?

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
そのための第一歩として「Money be Good」で学んで、自分の力で稼げる未来を目指していきましょう!

弦六の無料メルマガ「Money be Good」の登録はこちら

ABOUT ME
アバター
弦六(げんろく)
いろいろなネットビジネスにチャレンジしている弦六(げんろく)です。 このブログではネットビジネスなど副業に関する知識や経験を多くの方にお伝えしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。