Webライター

ハブ式SEOライティングメソッドは稼げない?副業初心者にもおすすめの稼ぎ方

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
ロックンロールブロガーの弦六(げんろく)です ^ ^

あなたはWebライターで稼ぎたいと思ったことはありますか?

Webライターは文章を書く仕事だから、誰でも始められる敷居の低さが魅力ですよね、私もそう思ってました。

ただ、実際はSEOの知識や文章の書き方のスキルが必要で、それがわからないと低単価の労働地獄に陥ってしまう人が多いといいます。

しかし今回紹介する米山拓真(こめやまたくま)(すめし)さんの「ハブ式システマティックSEOライティングメソッド」は、初心者でも高単価Webライターになれる教材だそう。

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
昔Webライターに挑戦して稼げず挫折したので、興味深い教材です!

お手頃価格もあいまって「ハブ式」の愛称で親しまれています。

結論から言うと「ハブ式」は、初心者にもおすすめのSEOライティング教材です。

想像してみてください。

ハイクオリティな記事がスラスラ書けている自分の姿を。

ワクワクしませんか?

そこで今回は、ハブ式システマティックSEOライティングメソッドについて深掘りしていきたいと思います。

この記事でわかること
  • ハブ式のカリキュラムとサポート
  • ハブ式のメリット・デメリット
  • ハブ式の料金やおすすめの人
目次
  1. ハブ式システマティックSEOライティングメソッドの販売元と米山拓真(すめし)さんについて
  2. ハブ式システマティックSEOライティングメソッドとは?
  3. ハブ式システマティックSEOライティングメソッドの5つのメリット
  4. ハブ式システマティックSEOライティングメソッドの2つのデメリット
  5. ハブ式システマティックSEOライティングメソッドのカリキュラム
  6. ハブ式システマティックSEOライティングメソッドのサポート体制
  7. ハブ式システマティックSEOライティングメソッドの料金
  8. ハブ式システマティックSEOライティングメソッドはおすすめできる?
  9. ハブ式システマティックSEOライティングメソッドは初心者でも稼げる?
  10. ハブ式を実践するとどんないいことがある?
  11. まとめ
  12. 弦六スペシャル特典5個「God Save the Web Writing」

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドの販売元と米山拓真(すめし)さんについて

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドの販売元と米山拓真(すめし)さんについて説明します。

販売元は?

【特定商取引法に基づく表記】

販売者名 米山拓真
住所 滋賀県彦根市西今町968-3
電話番号 080-8166-7266
メールアドレス recept@writers-hub.com

販売元は会社ではなく米山拓真(すめし)さんの個人名義ですが、電話番号もメールアドレスもきちんと記載されていますね。

住所を調べると建物は「ウィンディア・おだ」というアパートでした。

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
特に怪しい気配はないと思います。

米山拓真(すめし)さんはどんな人?経歴は?

引用元:https://writers-hub.com/lp/hub-seo-methodplus/

ペンネーム「すめし」さんこと米山拓真(こめやまたくま)さんは現在の年齢30代。

もともとメーカー開発職の会社員でしたが、事情があって退職し、在宅ワークができるという理由でWebライターに挑戦。

しかしライティングもSEOも知識がないため全く稼げず、ブログで少し稼げぐも生活費には足りず、セミナーに参加したり教材を買ったりするも上手くいかない。

そんななか、転機が訪れました。

某大手Webマーケティング会社の代表と直接会う機会に恵まれ、リアルな現場で使うSEOライティングを教わることができたそうです。

SEOライティングを武器にして初月にココナラでプラチナランクを獲得、3か月後には文字単価5円までアップし、半年で月収30万円オーバーを達成。

やがて口コミ経由で相談が来て、個別指導を行うようになったそうです。

その後、ノウハウや解決法をパッケージ化した「ハブ式」を作り、ツイッターで先行販売すると1か月で50人以上が実践する大人気に。

現在は、「センスに頼るライティングが嫌いなWebライター」として活動し、Amazonのkindleで「Webライターのことが気になったら最初に読む本」も出版(2022.12現在は販売終了)しています。

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
Webマーケティング会社の代表との出会いが、人生を変えたんですね。

米山拓真(すめし)さんの実績は?

すめしさんが具体的にどんな実績があるのか気になると思うので、紹介しますね。

  • 〇〇(家電)+ おすすめ 上位(最高月間検索数4.95万回:平均月間検索数2.71万回)
  • 〇〇(家電)+ 選び方 上位(最高月間検索数1.48万:平均月間検索数5,400回)
  • 〇〇(家電)+ 人気 上位(最高月間検索数2.2万:平均月間検索数8,100回)
  • ガジェット系上位表示、強調スニペット多数
  • 複数の電気資格系単一キーワード上位表示
  • 複数の電気資格系の関連キーワードで軒並み上位表示
  • 複数の転職系キーワードで上位表示
  • 美容系ビッグワード2位
  • ダイエットジャンルで1位

イチローくらいの打率で上位表示できるそうです。

執筆実績としてすめしさんが書いた記事も公開しているので、ハブ式のスキルでどんな文章が書けるようになるのか?イメージするのに役立つかもしれません。

すめしさんが書いた記事(執筆実績)

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドとは?

ハブ式システマティックSEOライティングメソッド、略して「ハブ式」とは、SEOライティングを学べぶための、サポート付き教材です。

SEOライティングの威力

SEOライティングとは、検索エンジンで上位表示させるためのライティングスキルのこと。

例えば、記事の書き方や上達方法がわからないWebライターは、文字単価0.5~1円、1記事3000文字なら1500~3000円の低単価案件しか取れず、稼ごうとすると労働地獄にハマってしまいます。

しかしSEOライティングができるWebライターは、文字単価4円、1記事1万円以上の高単価案件を取ることが可能です。

また、検索上位に表示されないブロガーなら、アフィリエイトの成約を増やすためにもSEOライティングを身に着けるべきですね。

アフィリエイト報酬単価5000円の商品が1日1個でも売れれば、月間で15万円も稼ぐことが可能です。

「穴埋め式リサーチ」と「4つの型」

ハブ式は米山拓真(すめし)さんが生み出した「穴埋め式リサーチ」と「4つの型」によって、SEOに強いハイクオリティな記事がスラスラ書ける実践的SEOライティングが身につきます。

「穴埋め式リサーチ」とは、上位記事をリサーチをしながら質問に答えていく手法のこと。

「4つの型」とは「知りたい・したい・行きたい・買いたい」というユーザーの4つの検索目的それぞれにマッチした記事作成の型のこと。

つまり、「穴埋め式リサーチ」でユーザーの検索意図を把握して記事の方向性を決め、「4つの型」のうち該当するものに当てはめるだけでいいから、ライターは迷わずに記事を書けるというわけで、まさにシステマチック。

その中には検索上位に表示するための様々なテクニックが盛り込まれているから、SEOに強いハイクオリティな記事がスラスラ書けるようになるんですね。

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドの5つのメリット

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドの5つのメリットについて説明します。

①4つの型で記事を書く手順がわかる

記事の書き方がわからない初心者は、「型」に当てはめるだけで良質な記事が書けることは非常に助かります。

4つの検索目的に応じた4つの型
  • 知りたい
  • したい
  • 行きたい
  • 買いたい

「知りたい・したい・行きたい・買いたい」というユーザーの4つの検索目的に応じた4つの型があるので、どんなジャンルの記事でも書けるんです。

構成作成やリサーチが圧倒的に早くなり、しかも1つ1つに根拠の裏付けがあることで、確信を持って記事を書けます。

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
記事を書く流れを体系化しているので、指がスラスラ動いて書きやすい^^

書く手順がわからないままだと無駄に時間がかかって、Webライティングが辛くてやめたくなりませんか?

②1記事目からハイクオリティを実現

「型」をしっかり守ることで、なんと1記事目からハイクオリティな記事を書けるといいます。

ハブ式は具体的で再現性が高いので誰でも同じ目線でリサーチや構成ができ、各見出しを埋めていくだけで、初心者でもベテランでも同じように書けるロジック。

そのため、Webライターはクラインアントに満足度の高い評価をしてもらえます

ブロガーも読者が満足できる記事を書けるので、アフィリエイトの成約に繋がりますね。

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
自分に自信を持てる^^

独学だと、こんなに早くハイクオリティな記事は書けないですよね。

③上位表示できるSEOライテイングが身につく

上位表示できるSEOライテイングが身につくことは、Webライターとして稼ぐにも、ブログで稼ぐにも、どちらにとってもメリットです。

顕在ニーズと潜在ニーズ、両方に対応するキーワードを4つの型にあてはめることで、ユーザーファーストな記事が完成する、これがSEOに強いライテイングのカラクリ。

独学でSEOを勉強するより、超効率良く学べます!

読者に刺さる文章を書く作業は、例えばSNSや動画の脚本でも同じことが言えるので、今後いろいろなネットビジネスに活かすことができますね。

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
活躍の幅が広がります^^

逆に、SEOライティングのスキルがないと、ただ文章を書くだけのWebライターなので大して稼げない・・・。

④売り込まなくても売れやすい記事が書ける

ハブ式の本質はユーザーの問題解決であり、コピーライティングやセールスライティングのような売り込み記事を書くことではありません。

しかしユーザーの検索目的が「買いたい」場合や問題解決の代替案として、何かを購入した方がいい場面では、売り込まなくても自然と売れやすくなる記事を書くことが可能。

Webライターとしてはクラインアントの売上向上に貢献して評価が上がるし、ブロガーならアフィリエイト報酬アップできますね。

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
自信がつくのはもちろん、人に自慢できるスキルです^^

売れる記事の書き方を知らないと、「買って!買って!」という自分本位の売れない記事になってしまう・・・。

⑤孤独にさせない1年間

ハブ式は動画とテキストの講座なので、基本的に1人で学ぶスタイル。

しかし孤独はモチベーション低下に繋がり、途中で挫折しやすいもの・・・。

そこで、課題を提出してフィードバックをもらったり、無制限のメールサポートで質問したり、一緒に成長できる仲間が見つかるグループチャット、不定期の自習会など、孤独にさせないサポート体制が整っています。

仲間がいれば1人じゃないから、お互い励まし合って頑張れますね。

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
すめしさんはロジカルな解説に加え、癒し要素もあり^^

サポート体制が充分じゃない講座を選んでしまうと、孤独が精神的ダメージとなるばかりか機会損失となり、途中で挫折して講座費用が無駄になるという不運にあうことも。

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドの2つのデメリット

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドの2つのデメリットについて説明します。

①マネタイズ部分が抜けている

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドは、SEOライティングに特化した教材です。

逆に言えばSEOライティング以外の要素は削ぎ落しているため、稼ぎ方についての解説は基本的にありません。

Webライターの稼ぎ方にはついては少しだけ、「Webライターの始め方」「記事納品テンプレート」「現役Webライターの成長レポート」など購入特典を用意している程度です。

一方、ブログで稼ぐ方法については何も解説はありません。

米山拓真(すめし)さん自身がWebライターであり、Webライターのための教材だからだと思います。

②メールサポートがなくなる可能性

メリットの1つである「1年間の回数無制限メールサポート」ですが、実はなくなる可能性があります。

受講者が増えてくると米山拓真(すめし)さんの体力的にも時間的にも、続けることが厳しくなるからだと本人がLPで語っていました。

無理してサポートの質が下がっても意味がないですからね。

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
そういう意味では、購入するなら今のうちが良いかもしれません。

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドのカリキュラム

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドのカリキュラムについて説明します。

カリキュラムは10講義で構成され、専用の会員サイトで動画とテキストを使って解説。

動画とテキストどちらでも自分がわかりすいほうで勉強できるように作られています。

第1講 Webライティングで結果を残すための思考
第2講 知識の確認
第3講 SEOライティング基礎編
第4講 SEO概論 ~SEOの基礎~
第5講 SEO概論 ~SEOの本質~
第6講 SEOライティング ~リサーチ編~
第7講 記事作成編
第8講 テンプレート編
第9講 SEOライティング編 ~執筆編~
第10講 【応用編】わかりやすい記事とはなにか
計6時間46分42秒

それぞれ説明していきますね。

第1講&第2講 考え方と知識の基礎を学ぶ

第1講 Webライティングで結果を残すための思考
第2講 知識の確認

最初は、SEOライティングで稼いでいくための考え方、基本的な知識といった基礎を学びます。

考え方は、文字単価1円以下と3円以上のライターの違い、アクセスが集まる記事を書く4つのステップ、結果を出すために必要な3つの要素、Webと紙媒体の違い、上達を早める方法など。

知識は、サーバーやドメインなどの専門用語や、SEOの根幹であるGoogle検索エンジンの仕組み、SEOライティングに実は不要な3つのものなどです。

第3講 実践テクニックの基礎を学ぶ

第3講ではハブ式のメインとなる実践テクニックを学ぶことになります。

4つの型

ユーザーの検索目的は4つあるとGoogleは公表しています。

  • Know(何かを知りたい)
  • Do(何かがしたい)
  • Go(どこかへ行きたい)
  • Buy(何かを買いたい)

これら4つそれぞれにマッチ記事作成の「型」にあてはめることで、ユーザーの問題解決に繋がる記事を書くことができるわけです。

「型」は記事タイトル・冒頭文・本文・まとめという記事の型だけでなく、リサーチ、考え方、構成など記事作成に関わるすべてのこと。

そのためライターは迷いがなくなり、圧倒的に記事が書きやすくなるので時短効果も。

SEOライティングの15のテクニック

SEOライティングの15のテクニックを学ぶことで記事が二回りもクオリティアップするんだとか。

・流し読み中でも伝わる文章表現
・違和感なく専門性を高める方法
・回遊率を上げてPVを増やす方法
・ユーザーの問題を解決して記事の評価を高める書き方

などなど実践で役立つテクニックが満載!

第4講&第5講 SEOの基礎と本質を学ぶ

第4講 SEO概論 ~SEOの基礎~
第5講 SEO概論 ~SEOの本質~

SEOライティングで切っても切り離せない、SEOの基礎と本質を学びます。

上位表示に必要なことは、表面的な問題(顕在ニーズ)を解決だけではなく、問題解決後に生まれる新たな潜在的ニーズを満たしてあげることが重要で、これがないとユーザーは別のサイトを検索しに戻ってしまうんです。

ハブ式では、問題解決して読者に満足され信用される方法、良質な記事を構成する3項目、網羅性の出し方など、上位表示するためのSEOライティングを学べます。

Googleの評価を上げる方法はもちろん、Googleに嫌われる7つのパターン、Googleが恐れていることなども解説。

これらを学ぶことで、根拠と裏付けのあるSEOライティングができるというわけですね。

第6講 実践で使うリサーチ方法を学ぶ

第6講では、SEOに強い記事に必要な、読者の検索意図を正確に把握するリサーチ方法を学びます。

上位記事をリサーチしながら質問に答えていく「穴埋め式リサーチ」によって、記事の方向性と取るべき施策が明確化されるということです。

第7講&第8講 記事作成編&テンプレート編

第4~6講で学んだSEO概論を踏まえて、第7講で実践的な記事作成を学びます。

・クリック率が最大化されSEO評価も高まる記事タイトルの付け方
・読者の問題を解決する記事構成
・読者の本当の悩みを深掘りする方法
・PVや利益アップにつながる秘訣

こういったことを第7講で学び、第8講では記事作成をを補助するためのテンプレートも用意されているので安心。

第9講&第10講 執筆編と応用編

ここでは第3講「SEOライティング基礎編」をさらに詳しく深掘りして学びます。

第9講では執筆について深掘り。

・読者を惹きつける冒頭文テンプレート
・本文が満たすべき3つの要件
・付加価値地をつける2種類の型
・やってしまいがちなNGライティング

この内容を取り入れてブラッシュアップすると、読みやすさと伝わりやすさが格段にアップするそうです。

第10講では応用編として、わかりやすい記事とはなにか?を学びます。

・わかりやすい記事
・情報の〇〇化
・思考トレーニング方法

なぜ自分の文章はわかりずらいのか?という悩みを解決するための講義です。

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドのサポート体制

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドは、教材だけでなく、サポート体制も充実しています。

回数無制限の1年間メールサポート

購入後1年間、回数無制限でメールサポートを受けられるので、わからないことを解決できずに途中で諦めてしまうこともなくなります。

教材通りに実践しても、自分がやっていることが合ってるのか間違ってるのか、確認してくれる指導者がいるといないとでは全然違いますよね。

レベルアップのために課題も用意されており、提出すればフィードバックをもらえます。

交流質問ができるグループチャット

専用のグループチャットに米山拓真(すめし)さんとスタッフ、さらに他の受講生たちも参加し、気軽に質問したり交流できます。

他の受講生たちのリアルな悩みを自分の悩み解決のヒントにしたり、一緒に問題解決しながら仲間ができて、ともに高め合える存在ができるって素敵なことです。

もくもく会

SkypeやZoomを利用したオンライン自習会「もくもく会」を不定期に開催。

1人じゃないんだとモチベーションアップに繋がるだけでなく、リアルタイムで米山拓真(すめし)さんに質問もできる、貴重な機会ですね。

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
このようにハブ式はサポート体制が充実しています^^

1年間の質問し放題だから長く学べるし、初めての副業にオススメ!

サポート体制が充分じゃない講座は、質問を送っても返事が来なかったり、不明点を解決してもらえなかったりするので、サポート体制の評判がいい講座を選びましょう。

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドの料金

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドの料金について説明します。

料金

料金は、34,800円(税込)です。

SEOライティングを合計約7時間の動画とテキストでしっかり学べて、テンプレートもあり、1年間のメールサポートなど孤独にさせない環境も揃ってこの料金は、破格の安さではないでしょうか?

なぜなら、この手の2~3万円の教材はそもそもサポートは付いていないものが多かったり、1ヵ月程度のあって無いようなものが多いからです。

また、20万円を超えるスクールやコンサルでも期間は4ヶ月~6ヶ月のものが多いので、34,800円で1年間のメールサポート付きはめちゃくちゃ良心的だと思います。

実質無料になる満足保証

米山拓真(すめし)さん曰く「100%稼げる!」と言いたいが言うと胡散臭くなるので、代わりに2つの満足保証をつけていて、これが凄いんです。

満足保証1

講座内でレベルアップのための課題を用意していますが、1記事限定で5,000円の報酬をつけてくれます。

つまり、米山拓真(すめし)さんがクライアントとなって5,000円で発注し、もちろん添削やフィードバックもつくので、実質的には受講料金が5,000円割引になるということです。

満足保証2

最終課題提出後3ヶ月以内に、Webライターとしてクラウドソーシングで案件10件(20記事)以上受けても、5万円稼げなかった場合、受講料金と同じ34,800円分を米山拓真(すめし)さんがクライアントとして依頼してくれます。

つまり、実質無料になる返金保証のような制度です。

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
米山拓真(すめし)さんの自信の表れですね。

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドはおすすめできる?

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドをおすすめ出来る人と出来ない人を紹介します。

おすすめできる人

  • 副業でWebライターとして稼ぎたい人
  • 低単価で行き詰っているWebライター
  • SEOライティングがわからないWebライター
  • ブログの記事を検索上位にあげたい人
  • ブログでユーザーの問題を解決してアフィリエイトで稼ぎたい人

これらのうち1つでも該当する人は、ハブ式と相性がいいと思うのでおすすめできます。

SEOライティングスキルによって確信を持って記事が書くことができ、収入に繋がります。

Webライターはクラインアントからの評価とともに文字単価があがって、稼げるWebライターになれますね!

ブロガーは読者の問題解決できる記事によってアフィリエイト報酬をアップできるでしょう!

おすすめできない人

  • 1人でコツコツ勉強するのが苦手な人
  • 言われた通りにできない人
  • マニュアルを見るのが面倒くさい人
  • 講座を受ければ稼げるようになると考えてる人
  • 他力本願の人

これらのうち1つでも該当する人は、ハブ式と相性が悪いと思うのでおすすめできないです。

教材とメールサポートがあっても最終的には自分次第で、自分から学習して実践しなければいけないですからね。

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドは初心者でも稼げる?

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドは初心者でも稼げるのでしょうか?

結論、初心者でもWebライターとして稼げるようになると思います。

ただ、客観的意見があったほうがいいので口コミも調べてみました。

クライアントから報酬アップの連絡がきて、文字単価が3円に上がったなんて素晴らしいですね。

この方はLPの実践者の声に「文字単価1円が4ヶ月で2円まで上がった」と記載があったので、その後さらに単価を上げているのでしょう。

多くの実践者が収入が上がったと公言しているので、信憑性がありますよね。

ハブ式を実践するとどんないいことがある?

結局、ハブ式を実践するとどんないいことがあるのか?そこが肝心な知りたいことですよね。

例えばこんなことがあります。

  1. 迷わず確信をもって書ける
  2. 報酬アップで収入が増える
  3. 自信と心の余裕が手に入る

それぞれ詳しく解説しますね。

①迷わず確信をもって書ける

1つ目のいいことは、迷わず確信をもって記事が書けることです。

初心者は、読みやすい文章の書き方やコツがわからない、いわば設計図なしで家を建てようとするのと同じで、「これで合ってる」という確信が持てません。

本やネットで調べたノウハウを試しても、頭では理解できるが知識を実践に活かせないのが、あるあるです。

どう書けばいいのかわからなくて悩むのは、ツラくないですか?

しかしハブ式はテンプレがあるので、その通りやれば初心者でも迷わずやるべきことを実践できます。

リサーチは、読者の検索ニーズを潜在的な悩みまで徹底的に洗い出すので、ユーザー目線に沿ったSEOに強い記事を書けるようになるわけです。

そうして構成も、根拠に基づいた記事構成となるので、検索ニーズから外れる心配もない。

記事完成までの重要部分が仕組み化されているため、初心者でも一定の品質を保てる、つまり「確信をもって記事が書ける」わけです。

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
テンプレ通りやれば書けるという安心感で気持ちがラクになり、迷いがないぶん気持ちよく集中できますよね。

②報酬アップで収入が増える

2つ目のいいことは、報酬アップで収入が増えることです。

書き方がわからない初心者は、文字単価1円前後の低単価で疲弊し、寝る間を惜しんで必死に頑張っても雀の涙で、泣きたくて心が折れそうになるのは、あるある。

どうやって報酬を上げたらいいわからず、苦しくないですか?

しかしハブ式を実践すると、文字単価をあげるがことができ「作業時間と報酬が見合わない」という地獄から抜け出せます。

なぜなら、専門知識のない初心者でも、SEOに強い記事を書けるようになるから。

クライアントからも下記のような高評価を得られるようになります。

「信頼できるので今後もお願いしたい」
「記事が素晴らしいので報酬アップして継続してほしい」

根拠を具体的に自分で説明できるようにもなるので、それも信頼に繋がりますね。

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
報酬アップで収入が増えると、努力が報われて嬉し泣きしするかも。

③自信と心の余裕が手に入る

3つ目のいいことは、自信と心の余裕が手に入ることです。

ハブ式に出会う前は、「こんなに頑張ったのに報酬これだけ?」と疲弊する毎日で、自信も心の余裕もなかったでしょう。

しかしハブ式に出会ったことで、確信をもって記事を書けるようになり、報酬アップで収入も増えると、自信と心の余裕が手に入ります。

文字単価をどんどん上げて、継続案件も獲得して、「Webライターとして稼げる」「どんなジャンルでも受注できる」と自信に溢れた未来です。

企業相手に交渉できるようになったり、さらなる高単価にチャレンジしたり、好循環が生まれます。

Webライターは記事を書くためにリサーチするので、知識を得られる喜びも得られますね。

また、もし悩んだときにはハブ式は仲間の存在も大きいです。

コミュニティを通じてライター同士の繋がりができ、孤独になりがちなWebライターでも、寄り添って相談に乗ってくれる横の繋がりを得ることができます。

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
Webライターで自信と心の余裕が手に入ることは、個人で稼ぐ力が必要といわれる今の時代、すごく大切ですね。

まとめ

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドは稼げるのか深掘りしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

考え方と基礎から始まりSEOの本質、「穴埋め式リサーチ」と「4つの型」で記事を作る実践的なSEOライティングを学べます。

サポート体制も1年間のメールサポートやグループチャットで、先生と仲間がいる、孤独にさせない環境が整っています。

また、型とテンプレートで1記事目からハイクオリティな記事を書けること、口コミからは安心して始めて稼げるようになる教材だとわかりましたね。

初心者は最初は独学でやりがちですが(私もそうでした)、それだと稼げない状態が続いて挫折してしまう可能性が高くなるので、多少お金がかかっても先生に習ったほうがスキルが早く身について稼げるようになるということです。

弦六スペシャル特典5個「God Save the Web Writing」

ハブ式システマティックSEOライティングメソッドは初心者にもおすすめのSEOライティング教材ですが、デメリットの項目でもお伝えした通り、お金の稼ぎ方については学べません。

LPにもこのように書いてあります。

弱点は何かというと…肝心の『マネタイズ』部分が抜けていることです。

たしかにハブ式システマチックSEOライティングは優秀なSEOライティングメソッド。

しかし、そのSEOライティングをどう活かせば収入につながるのか?
といった部分は各々の判断に任せることになっていました。

引用元: https://writers-hub.com/lp/hub-seo-methodplus/

そこで、弦六経由でハブ式システマティックSEOライティングメソッドを購入していただいた方には、Webライターとブログアフィリエイトの稼ぎ方にフォーカスした特典「God Save the Web Writing」をおつけします。

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
特典名の「God Save the Web Writing」は「Webライティング万歳!」という意味です。

なぜなら、WebライティングのスキルはWebライターやブログだけでなく、動画の台本、メルマガ、コンテンツ販売、SNSなどあらゆるネットビジネスで役立つ基本かつ最強スキルだから。

Webライティングのスキルを身に付けて、Webライターとして稼げるのはもちろん、その先に色々な可能性があるという想いを込めました。

弦六スパシャル特典5個「God Save the Web Writing」
  1. 新人Webライターが月10万超えするまでのロードマップ
  2. まずは月収5万円を稼ぐブログアフィリエイトの始め方
  3. アクセスを倍増させる弦六式イージーキーワード選定術
  4. ある○○を変えるだけで、アフィリエイト収益が 3 倍に膨れ上がる弦六式メソッド
  5. 記事を書くスピードが3倍速くなる弦六式タッチタイピング習得術

それぞれ説明しますね。

①新人Webライターが月10万超えするまでのロードマップ

Webライターはクラウドソーシングで受注することから始めますが、仕事の獲得方法を知らずに低単価のまま諦める人が多いので、稼げるようになるまでのロードマップが必要です。

そこで、6つのステップを踏んで報酬を上げていくロードマップを作りました。

これがあれば、迷わずに月10万円超えを目指せます。

②③④はブログアフィリエイトで稼ぐ方法

②まずは月収5万円を稼ぐブログアフィリエイトの始め方
③アクセスを倍増させる弦六式イージーキーワード選定術
④ある○○を変えるだけで、アフィリエイト収益が 3 倍に膨れ上がる弦六式メソッド

なぜWebライターだけでなくブログアフィリエイトで稼ぐ方法が必要なのか?

Webライターは仕事を受注すればすぐに報酬を得られるというメリットがある反面、自分がずっと働き続けなければいけない労働型ビジネスです。

一方、ブログアフィリエイトは収益化まで早くても3ヶ月〜半年かかるというデメリットのがあるものの、稼げるようになるとブログが自動的に収益を生んでくれるストック型ビジネス。

SEOライティングは検索上位に表示する技術なので、Webライターもブロガーも収益に直結します。

それならWebライターだけをやるのではなく、ブログアフィリエイトもやった方が収入の柱が増えるし、Webライターのポートフォリオとしてブログを活かすこともできると思ったからです。

なので、ブログアフィリエイトで稼ぐために特典をどうぞ利用してください。

⑤記事を書くスピードが3倍速くなる弦六式タッチタイピング習得術

Webライターをやるならタイピングスキルが必要です。

なぜなら、Webライターの時給は「文字単価✕1時間に書く文字数」で決まるから。

例えば文字単価1円だと仮定すると、1時間に500文字書けたら時給は500円ですが、1時間で2,000文字書けると時給2,000円で4倍にもなる。

そのため、Webライターはタイピングスキルを身に着けて執筆速度を上げる必要があります。

SEOライティングを身に着けて文字単価も上がればさらに報酬は増えますね。

特典を受けとる方法

弦六経由でハブ式システマティックSEOライティングメソッドを購入される方は、以下のように特典が表示されるかご確認のうえ、購入お願いします。

もし表示されていない場合は、お手数ですがcookieを消去してから再度、こちらのボタンを押してください。

弦六(げんろく)
弦六(げんろく)
最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m
ABOUT ME
アバター
弦六(げんろく)
・Webライター(Webライター検定3級)
・ブロガー(6カ月目に2記事で日給18000円達成)

当ブログではネットビジネスなど副業に関する知識や経験を多くの方にお伝えしていきます。現在、期間限定で“今すぐ3万円が手に入るリスクゼロの錬金術”を無料でお渡ししていますので、興味ある方はこちらより手に入れてみてください。
>>メルマガ登録はこちら
関連記事はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です